がんばらない。

奥様、長女(14歳)、長男(3歳)、次男(1歳)との5人家族。病院に勤務する医療情報システム管理者(医療情報技師)です。自分らしく生きたい!自分探しの毎日です。

グリーン豆

晩酌のつまみに楽しみにとっておいたグリーン豆が見当たらないので家人にきくと長女がごめんなさい食べちゃいましたとのことでカミナリを落とす心の小さいおれ。

昨日の夜はほとほと疲れていてそんな気持ちだったのだ、ゆるせ長女。いやまて、グリーン豆食べてもいいけど少しは残しとけや長女!という結局、器の小さなおれ。そして態度のでかい反抗期の娘。

もうすぐ雪が降ってもおかしくないくらい寒くなってきました。ゆううつです。

さんびきのこぶた

セブンイレブンで「ミルクあげパン」を買った。なかなかのジャンク感と食べ応え。うん、これまた買っちゃうな。いや、買うね!

 

長男が「さんびきのこぶた」をよくうたう。

 

 さんびきのこぶたが えんぺきが えんぺきが

 かわいいおうちをたてました とんとんとん とんとんとん

 おおかみがきて あれ?

 れんがのおうちが ぺっちゃんこ

 

どうやら歌詞は半分オリジナルのようだ。

 

そんな長男がとつぜんパパ立ってとせがむ。向かいあうように立ち相手と両手をつなぐ。その姿勢から長男が逆上がりの要領でわたしの足を支えにして後方にくるっと一回転。なにそれー!そんなことできるのー!とちょっとした騒ぎになりました。それからというもの10回以上繰り返すはめに。もういいよ、わかったよ。

 

ひとしきり回転しつづけたあと長男は得意の「さんびきのこぶた」を再び披露した。

ぜったいタイマーが動いてるんだな、これ

 約1年前に書いた記事です。

yoko8525.hatenablog.com

特定の型番のPCがやたらと同じ症状で故障するというもの。ここしばらくは落ち着いていたのですが11月にはいった途端、立て続けに3台も同じ症状で故障しました。

業務継続性を優先しているのでHDDが無事な場合は予備機にHDDを載せ替えて一次対応するのですが、こうもたてつづけに壊れると1台しかない予備機がフル稼働となり修理がおっつかないです。

しかもこの機種はもう保守終了製品となっており在庫分の部品が無くなり次第、修理対応できなくなるという企業としては手痛い状況に。いまのところまだ修理してもらえていますが、ハードウェアのリプレイスもまだ先になりそうだしどこまで粘れるか悩みどころです。

にしてもこの機種、これまでで20台以上壊れてる。ほんとに壊れやすくて嫌な機種です。(あくまでも個人の主観です)

 

ただ聞いてほしいのだね

先日、長女が足を痛めて受診した際、長い待ち時間に飽きてしまったチビ達が騒いでしまい、他の患者さんに怒られたと奥様が言っていた。その他の患者さんはとても優しく接してくれて「こどもなんて泣いて当たり前でしょうにね」などと声をかけてくれたそうでありがたい。

そして昨日、二度目の受診だったのだがやはりチビ達が騒いでしまったらしい。幸いなことに「元気でいいねー」などと周りの方が受け入れてくれたようでそれはまた救われた気持ちなのだが、奥様が「ほんとこのチビ達連れて行くの大変だわ」とほとほと疲れていた。

なんせひとりが抱っこをせがんだらもうひとりも抱っこしてほしい、ひとりが泣いたらふたりとも泣いて大合唱になるのだからその気持ちはよくわかる。

よくわかるのだが、長男に関して言えば、受診した時間は本来なら幼稚園に預けている時間だ。そこをあえて奥様は先に幼稚園に長男をお迎えにいき、喚き騒ぐ可能性の高いチビ達をわざわざ揃わせて長女の受診に付き添ってしまったのだ。

もうちょっとなんとかなったんじゃなかろうかと思い、長男を迎えに行く時間をずらせばよかったのではと声をかけてみるものの渋り顔。あ、これはあれだ。女性特有の意見は求めていなくて、ただただ同意してほしいパターンのやつだと気づく。

自分も休日は夜勤前の奥様にかわりチビ達の相手をして苦労しているし毎日チビ達と一緒に寝て睡眠が不安定だし(奥様はひとりで寝ている)正直、自分だけが大変なんじゃないんだよと言いたくなる気持ちをこのブログにぶつけてなんとか消化しようとしているのだ、おれは。

そして眠たいときのこどもって不機嫌になってぐずったりするだろう。奥様も同じでいろんな行動が雑になり絡むと面倒臭くなるので注意が必要だ。

ほんとうにやわらかい

土曜日は祖母の13回忌と叔父の3回忌の法事だったのだが夜勤前の奥様と足を怪我している長女を置いてチビたちだけを連れていった。お経の最中はチビたちが騒がないようにひたすらお菓子やみかんやらぶどうを食べ与えて凌ぐ、口をふさいじゃえ作戦が成功。法事は寿司屋の2階座敷で行われてそのまま食事をいただくスタイルだったのだが、どれもこれも出てくる料理が美味しすぎてしこたま感動した。なかでもすごかったのはあわびだ。よくお店の人がこのあわびはかたくなくてやわらかいですよ、と教えてくれることがあるが結局あんまりやわらかくないケースが多い気がするのだけれど、今回のあわびは本当に超絶やわらかくて心の底からウハウハだった。

 

行き帰りの車は自分の両親と兄姉も乗せていったのだが、車中での会話中にそういえば家族オリジナルメンバー揃ったねーとみんなで笑っていたら第三世代にあたる長男が「うるさい!(トーマス)のDVDが聞こえないでしょ!」と怒っていた。その後しばらく7人乗りの車中は無言だった。

コカ・コーラZERO

今日は午前中に外部送付の冊子と添え状を封筒につめて、糊付けして、宛名シールはって、クロネコDM便のバーコードシールはって、という作業を延々と繰り返した。午後分の体力も使ってしまったと思うほど疲弊した。そんなときはカフェインをとろう。いつもはコーヒーだけど今日はコカ・コーラZEROを飲んだ。全身黒のデザインが見た目のジュース感を誤魔化してくれそうだからだ。味はオリジナルの赤がいちばん好きなんだけどね。でもまわりからしたら結局「この人コーラ飲んでる」って一括りにされてるよね、きっと。

 

最近はこのサイトで「反抗期」をキーワードで検索してずっと見てる。

benesse.jp

書いてあるとおりにできれば万々歳だけど実際はなかなかそうはいかない。そういうときぼくは「あー!大きい声だしたい」と口にしてなんとか我慢しているのです。

ボンドとギプス

歯茎が腫れて痛がっていた奥様は歯医者を受診し、どうやら歯が浮いてしまっているらしい。歯が浮くってすごいな。腫れがおさまったら専用ボンドで固定するらしい。それもまたすごいな。ところでここの歯医者さんは自分もお世話になっていたのだけれどもなかなか評判がよい。なぜなら歯医者さんでありがちな治療を長引かせてる感が全くないのだ。それに自己申告しないかぎりは余計な治療はしない。なので少し気になるところがあっても申告しない限りは何もしてくれないのだけど、自分に主導権がある気がして変な心配がいらないのでいいのだ。

 

長女が学校からの帰宅途中につまずいて足首を痛めて帰ってきた。足を床につくと痛むようで片足でケンケンしながら移動していたのでただでさえ運動神経悪いのにケンケンばっかりしてたらもう片方も怪我するぞと注意。本人のテンションが意外に高くてこの様子だと会う友達にもれなく「いやー怪我しちゃってさー」なんて自慢しちゃうんだろう。それくらい長女はすぐ調子にのる単純なやつだ。自慢したい気持ちもわかるけどな。

結局、骨には異常がなかったもののギプスと松葉杖での生活になるそうだ。日頃から注意力散漫なやつなので本当に気をつけてほしい。これはもう自業自得ってもんだ。

長男が「ちゃんと朝起きないから足痛くなっちゃったんじゃなーい」と茶化していたのには笑った。